想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【三石誠司・グローバルとローカル:世界は今】(149)ボストン再訪2019年9月27日

一覧へ

【三石誠司 宮城大学教授】

 先週末から週明け(9月20~23日)にかけて米国ボストンを急ぎ訪問した。金曜日に日本を発ち、同日夜に到着した後、週末を現地で過ごし、月曜日のフライトで現地発、火曜日に帰国という慌ただしいものであった。昨日水曜日は朝イチから授業をこなし、午後は会議と打合せで丸1日が終了した。

 今回の訪問は全くのプライベートである。筆者が初めてボストンを訪問したのは1988年の秋、古巣の仕事の一環でニューヨークに研修に出ていた時である。たまたま機会に恵まれた。その後、1992~94年にかけてハーバード大学で経営学修士号を取得するために学ぶことが出来た。家族(家内と渡米時1歳になったばかりの娘)と一緒に2年間の留学を経験できたことは、今でも古巣の上司や同僚をはじめ、支援して頂いた多くの人たちに深く感謝している。

 在学中、とくに後半から心がけていたことは、いかに「感度」を鈍らせないかということだ。ここで言う「感度」とは、関係するビジネスだけでなく社会の動き全般に対する包括的なとらえ方に対する「感度」である。
 当時、気晴らしに読んだ「ゴルゴ13」という劇画の中に、主人公が年に1度、全ての仕事を断り人里離れた秘密の隠れ家に1か月ほど籠り、自らの身体能力を鍛え、一定レベル以上に保ち続ける場面を描いた話があった。詳細は忘れたが、意外にこういうエピソードは覚えている。あくまでも劇画の中の一場面ではあるが、こうした姿勢を自分の生活に当てはめるとしたらどうなるだろうとマンガ世代の筆者は考えたことをよく覚えている。

 1994年に帰国し、その後、日々の仕事が急速に忙しくなる中で、3歳の娘にある日「パパ、どうして毎日お酒飲んで帰ってくるばかりで勉強しないの?」と問われた。考えてみれば娘が物心ついた時、筆者は留学中であり、娘は毎日、勉強をしていた姿を見ていた訳だ。まさに「三つ子の魂百まで」である。
 仕事は興味深くチャレンジングな日々が続いていたが、筆者自身はボストン滞在中の学びを通じ、次に何をすべきかが理解できていたにもかかわらず、時間が過ぎていくことが知らぬ間にストレスとして蓄積されていたようだ。当時の多くのMBA取得者は似たような状況に直面していたのかもしれない。そして多くが転職という選択を選ぶ。企業派遣の海外留学と、MBA取得後の転職は一種のブームのようになり、様々な議論が巻き起こった頃である。筆者自身は転職よりもすべきことをどう実現するかに悶々としていた。

 帰国して約半年後の1994年の秋、筆者は法律、とくにビジネス法を一度、徹底的に学ぶため筑波大学の社会人大学院を受験し、翌年春から仕事を継続しつつ茗荷谷で夜間の大学院生となった。何人かの筑波の恩師からは何故、経営学を専攻しなかったかと問われたが、大学が自分の不足している知識や技術を学ぶところであるならば次は法律に関する知識を高めることこそが明確な目的であった。同時に、ボストンで2年間見聞きした世界の農業関連産業の最前線に関する知識を賞味期限切れになる前にどうアップデートし続けるか、これも大きな挑戦となった。

 結果として、ビジネススクールを終えてから2011年までのほぼ毎年、1週間程度定期的にボストンを訪問し年々錆び付くアタマと感性を鍛えなおすことになる。東日本大震災以降の数年間は思うところがあり、米国ではなくアジアを訪問してきたが、ここ数年は再び2年に1回程度のペースでボストンに戻っている。この方法が最善かどうかはわからないが、日本人がほぼいない状況で鍛えられる機会にあえて飛び込み続けることは悪くない。

 今回はMBA取得後25周年の同窓会を理由に再訪した訳だ。四半世紀ぶりに会うかつての同級生とその様々な人生、そして筆者のキャリアとモノの考え方・視点に大きな影響を与えてくれた恩師に再会し濃密な議論の時間を持てたことは最高の刺激となった。これでまた少しの間、前向きな意識と行動が保てるかもしれない。

本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

三石誠司・宮城大学教授のコラム【グローバルとローカル:世界は今】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る