コラム 詳細

コラム:目明き千人

【原田 康】

2020.03.17 
【原田 康・目明き千人】少子・高齢化時代への私案一覧へ

 少子高齢化への政府や専門家と云われる人達の対策は効果に期待が出来ない。

 先ず少子化であるが、昭和15年(1940年)の日本の年齢別の構成は正三角形で子供が土台となる安定した年齢別人口構造であった。現在は逆三角形とまではいかないが上が大きく下の方が小さい不安定な形だ。

 年間の出生数を見ると昭和22~24年(1947~49年)が270万人の水準で第一次ベビーブームと言われた時代であった。その後も昭和47年(1972年)までは200万人の水準で維持したが平成2年(1990年)には120万人となり平成30年(2018年)は92万人である。

 "貧乏人の子沢山"の時代から見れば豊かになったということである。子沢山の時代は子供も貴重な労働力で小学生もそれぞれの家庭に合わせた仕事を分担しており、新聞配達は中学生の仕事であった。テレビが一般の家庭にも普及をしたのは昭和30年代であり、インターネット、スマホもない時代なので「夜は早く寝床に入る」であった。

 高齢化を見ると、兼好法師が徒然草の第七段で「命長ければ辱多し。長くとも四十(よそぢ)に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。そのほど過ぎぬれば、かたちを恥づる心もなく、...中略...、ひたすら世をむさぼる心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。」と言っている。徒然草が書かれたのは1330年頃で鎌倉時代である。この時代の40歳がどのような年齢であったか。平均寿命を見ると統計が正確となった明治、大正の時代は43~44歳である。現在の平均寿命は昭和35年(1960年)で男65.3、女70.2歳で平成30年(2018年)が男81.3、女87.3歳である。

 単純な比較は出来ないが現在の40歳はいかにも若いが兼好法師は、年寄りは出しゃばらずに早くリタイアをして世代交代をすることこそ"めやすかるべけれ"である。

 AI、IoTの時代には過去の経験が役に立つと思っているのは本人だけだ。初期の認知症も治療をせず、素直にそのまま受け入れるのが自然だ。

 少子化対策には夜10時にはテレビ、スマホのスイッチを切って寝床に入る。高齢化対策は頑張らずに程々の年齢になったらリタイアをすることである。

(原田 康)


本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

原田康 氏のコラム【目明き千人】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ