JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
ベリマークSC:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

6次産業化よりも生産基盤の充実を【原田 康・目明き千人】2020年6月22日

一覧へ

コロナウイルス騒動で産業のもろいところが浮き彫りになっている。第一次産業の農林水産業と第二次産業の製造業も影響を受けてはいるが、第三次産業の流通関係、特にサービス関係がもろに打撃を受けている。国内だけではなくアジアやヨーロッパなど世界各国からお客様がお金をもって来てくれていることで成り立っている業種は人の移動がストップして飛行機も飛ばない事態は想定外だ。これらの産業も下請け、孫請けの弱い立場のところにしわ寄せがいっている。

農家が、農産物の加工、流通で生まれる付加価値を生産者が取り込むとの狙いの6次産業化の、肝心の利益を生むところがお手上げとなっている。国際競争の中で頑張っている業界に素人の農家が新規に入るためには小規模とはいえ、ヒト、モノ、カネの投資が伴う。メーカーやスーパーなどの企業が材料である農産物を企業経営の農場で生産をすればもっと利益が出るはずと農業を始めたところがたくさんある。逆の6次産業化であるが、やってみたら大きな赤字となりほとんどは3年くらいで撤退をしている。

AI、IoTなどコンピューターによる技術が生産から流通までを規制する時代となった。

1、2、3次のそれぞれが最新の技術により生産性を上げ、足し算ではなく掛け算で6次産業化を達成する計算が、どこかがゼロとなると全部がゼロとなる。リスクも大きい。

コロナ騒動は農業という産業、特に日本のような自給率が低い国の食糧の生産を受け持っている産業が安定をした、豊かな社会を支えていることが改めて評価をされている。

農家は野菜、果実、畜産物などの生産段階を分担して、収穫以降は農協が共同販売で責任を持つ。生産からエンドユーザーまでの流通を含めて付加価値も農家にメリットを還元できる仕組みだ。

第2次、第3次産業の機能を分担している農協が「自己改革」をして販売事業をしっかりやるのが時代の要請だ。



本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

原田康 氏のコラム【目明き千人】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る