2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

コロナ対策の協同組合主義的な改革【森島 賢・正義派の農政論】2022年6月27日

一覧へ

政府は、コロナ対策の新しい改革案を発表した。その内容は、司令塔機能を強化する対策だという。
だがそれは、小手先の変更を目指しているに過ぎない。だから、コロナ禍を最小限にする対策にはならないだろう。
コロナが小康状態にあるいま、そして、数年後に再び襲来すると予想されるいま、為すべきことは、コロナ対策の根本的な改革である。
それは、法令を改訂し、義務として、医療・看護・介護に携わる人たちに対策を実行させればいい、というものではない。
いま必要なことは、医療・看護・介護に携わる人たちが初心にかえり、その技術と技能を最大限に発揮できる体制へ転換することである。医療の最前線で奮闘している全ての人たちの、心を動かす体制への転換である。
それは、協同組合主義的な転換である。

コロナによる累積死亡者率

コロナ対策の成否は、都道府県によって、さまざまである。上の図は、それを県民10万人あたりの死亡者数でみたものである。
最も成功しているのは、農村部の島根、鳥取、新潟、福井などの各県である。これらと比べて、都市部の大阪や東京などの死者数は1桁多くなっている。

この図を俯瞰すれば、農村部と都市部の間には大きな差がある。これだけの大きな差の原因は何か。

コロナ対策を改革するのなら、官僚機構をもてあそぶのではなく、現場から問題点を見つけ出し、現場から学び、そこから改革しなければ、実効性あるものにはならない。

農村部と都市部との差の原因には、様々なものがあるだろう。
都市部には「カネだけ、オレだけ、イマだけ」という3ダケ主義が濃厚にあって、人の心を蝕んでいる。
だが、農村は希薄である。

3ダケ主義の医療における弊害は、関係者は私的利益を最大化することを最重要な目的とし、そのために契約をし、行動するという点にある。そして、契約で約束した義務だけ果たせばいい、と考える。だが現場では、そうはいかないことが度々ある。

達観すれば、これは医療における資本主義の弊害である。農業や教育にも同様なことがある。農業や教育の現場で資本主義を貫徹しようとしても、うまくいかないことが多い。

農業を主な産業とする農村でコロナ禍が比較的軽微な原因は、現場に即して資本主義を修正しているからだろう。そうした修正は、農村では日常的に行っている。そして、医療の現場でも、それを行っているのだろう。

達観すれば、それは協同組合主義的な医療といっていい。

どこが違うか。

それは、3ダケ主義による私的な利益の追求を最重要と考えるか、それとも、共同体の仲間の病苦を取り除くことを最重要と考えるか、という点にある。

コロナ対策を考えるとき、共同体では、その基本となる検査、隔離、治療の体制は、官僚が決めるのではない。共同体の仲間である医療・看護・介護の専門家を中心にして、仲間の全員が議論を尽くして決める。だから、全員が、心の底から暖かい心で感染者に対することができる。

これが資本主義的な医療体制とは違う、協同組合主義的な医療体制である。

この体制の構築に成功したのが、上の図で示した農村部の各県なのだろう。これらの県から学ぶことは、多いだろう。

参院選のさ中にあって、社会を根底から揺るがしているコロナ問題について、各政党の主張が明確でない。

いま政治が第一に為すべきことは、中央集権的な司令塔機能の強化ではないだろう。地方への権限と財源の大胆な移譲ではないか。

そして、コロナ対策の協同組合的な再編ではないだろうか。そのことを、上の図が示している。

(2022.06.27)

(前回   コロナ対策は中国に学べ

(前々回  文明の交代期に立って

(「正義派の農政論」に対するご意見・ご感想をお寄せください。コチラのお問い合わせフォームより、お願いいたします。)

正義派の農政論ー森島.jpg

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る