第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

通販食品に適したコメ関連商品とは【熊野孝文・米マーケット情報】2022年11月8日

一覧へ

民間の調査会社によると食品通販市場の市場規模は、2021年は前年度に比べ2.9%増の4兆4,434億円になったそうである。コロナ禍下の巣ごもり需要が高止まり「2020年は生活必需品のまとめ買いや家飲み需要増加から、コメや飲料、乾麺、レトルト食品などのストック型商品や酒類が売上を伸ばす傾向がみられた。しかし、2021年ではそうした特需は沈静化し、在宅時間を充実させるために、普段より高品質なグルメ商品やスイーツを通販でお取り寄せして楽しむといった消費が拡大した」とされている。先週、その通販食品の展示・商談会が有楽町で開催された。

komemarket_1600_900.jpg

11月1日から2日間開催された第12回通販食品展示商談会は、全国各地から150社が出展、約1000アイテムの商品を展示紹介した。商品は、農畜産物から水産加工品、菓子スイーツ、麺類、酒類等多様で、一般にはあまり知られていない地方の特産品が多く占めた。

コメ関連では、佐賀県のコメ卸が自社で製造しているカラフルな冷凍米飯加工品を展示・紹介した。

来場者の目を惹いたカラフルな冷凍米飯は、大きさが5センチ角の四角い形をしており、鹿児島県の霧島湧水うなぎを使用した「霧島湧水うなぎおこわ」、福岡県のブランド牛を使用した「博多和牛ごはん」、長崎県の天然ぶりを使用した「ぶり照り焼きごはん」といった地元九州の食材を使用したものや玄米あずきごはん、トマト玄米ごはん、ちりめん高菜玄米ご飯など15種類ほどが展示・紹介されていた。

これらの商品は1個ずつ容器に入れられ、電子レンジで加熱して簡単に食べられる。また、それぞれ気に入ったものを詰め合わせて贈答品にもできる。同社が会場で強調していたのが、これらの冷凍米飯に使用する原料米の違いで、「コメの甘みとうまみを増す特許製法のコメを使用している」こと。熟成米と名付けられたこのコメの搗精(とうせい)方法は、水車搗きの原理を応用した搗精方法で24時間かけてゆっくり搗精することによりコメの甘みとうまみを引き出す。コメとコメの摩擦だけを利用して循環させながら搗精することによって少しずつぬかを剥がしていく。この状態で1日寝かせることによって酵素が活性化してコメの甘みやうまみが増すという。さらには豊富に胚芽を残すことができビタミンE やビタミンB1が含まれ、栄養価の高いコメになる。原料米にこだわり、食材にもこだわり、見た目にも美しいカラフルな冷凍米飯加工品に仕上げ、ギフト商品として販路を広げたいというのが同社の狙い。

秋田県は、県内のコメ関連企業135社で組織される「あきたコメ活プロジェクト」がデビューしたばかりの新品種サキホコレを原料米に使ったせんべいや比内鶏を使用した比内鶏ごはんのセット米飯など多数のコメ加工食品を展示・紹介した。

秋田県はコメどころとしては知られているが食品加工品の出荷額は東北では一番低く、全国でも44位にとどまっていることから、この現状を改善すべく平成30年に立ち上げられた組織があきたコメ活プロジェクトで、通販食品展に限らず食品展示商談会には必ずと言って良いほど出展している。

出品された商品では、秋田県のオリジナル品種「淡雪こまち」を原料米に使用した淡雪ふわりといったせんべいや電子レンジ専用のセット米飯「比内地鶏入り鶏めし」のほかきりたんぽを簡単に調理して食べられるようにした商品も紹介されていた。また、会場では「あきたコメ加工品カタログ2022」という冊子も配布され、これには「金のバターもち」、「酒米粉チーズケーキ」、「あきたこまち米のショコラ」、「カレ・オ・キャラメル」、「グルテンフリーシュウマイ」、「甘酒ジャム」、「玄米de人に良い食パン」、「玄米ともち麦で作ったお好み役焼き粉」、「グルテンフリー米粉パン」などのほかコメを原料に使ったクラフトビールなど様々なコメ加工品が写真入りで紹介されている。

これらコメ関連の商品を展示・商談会で見ていると、様々な商品に加工できるコメはその用途が限りなく広く、通販に適した商品は次々に生まれてくるだろうという期待を抱かせる。

通販食品に力を入れているコメ加工品製造業者の中には、郵便ポストに投函できるような商品を開発、これによって配送料金を低く抑えるという工夫をしているところもある。また、アマゾンで人気になっているコメ商品の中には健康を切り口にわかりやすく伝え、見た目にも美しい商品に仕上げているところもある。その商品の価格は300グラムのコメが10個入って4300円で安いものではないが、包装や文言を工夫することによって商品力をアップすることで人気商品になっている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る