人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【新組合長に聞く】JA秋田しんせい(秋田県)佐藤組合長「職員とともに常に改革 新規就農支援へ農協が雇用」2023年8月8日

一覧へ

今年新たに就任したJAの組合長に、直面する課題や今後の抱負について聞く「新組合長に聞く」。今回は6月28日に選任されたJA秋田しんせい(秋田県)の佐藤茂良組合長に聞いた。

JA秋田しんせい 佐藤茂良組合長.jpgJA秋田しんせい
佐藤茂良組合長

佐藤組合長は、直面する課題について、人口減少率の高い秋田県で同時に進む農家人口の減少への対応を挙げる。これまで補助金などを出して就農支援してもなかなか定着せず、新たな対応が求められていると指摘する。

そこで本格的に進めているのが農協が施設を取得して意欲ある就農希望者と雇用契約を結ぶ研修制度。研修生は賃金を得ながら栽培技術や経営ノウハウを学べる。「すでに8人を受け入れてシャインマスカット栽培を進め、就農者も生まれています。新たにアスパラガスでも施設を建設中で、担い手の確保を進めていきます」と語る。

米づくりを主体としつつも他の作物生産への意欲を示す。「米はベースですが米だけで農家所得の向上に繋げるのは難しい。アスパラガスは令和4年度に2億円の販売高となり、さらに3億5000万円に伸ばしたい。同時に畜産の堆肥を活用した資源循環型農業につなげたいと考えています」と語る。

佐藤組合長は「常に時代の変化に応じた改革が必要」と強調する。「とにかく時代の変化のスピードが早く、JAの枠内にとどまらず、私自身も職員もいろんな分野の方と交流しながら改革を続けることが必要です。常に走りながらスキルアップを重ねたいと思います」と抱負を語った。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る