想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

給付還元率は1% JA全国共済会2013年3月11日

一覧へ

 一般財団法人全国農林漁業団体共済会(JA全国共済会)は3月8日、理事会と評議員会を開き、25年度の給付還元利率や事業計画などを決めた。

◆総資産額5485億円、過去最高

 共済会は、農林漁業関係団体役職員の退職金の積立・運用などを行っている。
 24年度1月末の総資産額は5485億円で過去最高だった。これは全国の総合JA708の退職給付債務額総計の約45%にあたる。
 県単位で共済会がある8府県を除いたJAの加入率は、前年同月比1.6ポイント増の93.7%だった。退職金原資を利用し外部積立を行う「制度」、加入者が希望に応じて掛け金を支払う「施設」ともに100%加入を実現したのは24県で、うち5県(大阪、和歌山、岡山、山口、徳島)が24年度に100%加入を達成した。
 共済会が各都道府県の農協中央会とともに策定した「退職金共済契約の拡大促進計画」の進捗状況としては、「制度」の加入・増口数は191万6000口で計画を6%上回ったが、加入人数や掛け金収入などは計画を下回った。「施設」は団体口掛金数が23億円で計画の1.8倍と大きくのびた。
 24年度の退職者は6045人で前年比18人増、退職給付金支給額は216億円で同11億円減だった。
 給付還元安定準備金と正味財産を合わせた給付還元安定財源は前年同期比9億円増の118億円の見込み。

◆制度170万口、施設13億円達成めざす

 25年度の給付還元利率は、国債の利率が下がったことなどを要因に制度、施設ともに前年度対比0.05%低下の1%となった。「運用環境は厳しさを増しているが、なんとか1%を確保できた」(総務企画部)。
 25年度は中期計画の最終年度として、制度・施設ともにJA、JFグループだけでなく農林漁業関係団体への新規加入を促進する。具体的には、制度では新規契約数170万口で3年間累計540万口、施設では団体口払込掛金13億円で3年間累計60億円の達成をめざす。


(関連記事)

総資産額は5421億円で過去最高額  全国農林漁業団体共済会(2012.06.28)

一般財団法人として新スタート  JA全国共済会 (2012.03.16)

総資産額は前年比増の5382億円  JA全国共済会 (2011.11.04)

総資産5406億円、過去最高額を更新  JA全国共済会 (2011.06.10)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る