金融・共済 ニュース詳細

2014.08.22 
自己資本比率上昇 農林中金第1四半期一覧へ

 農林中央金庫は8月22日、26年度第1四半期(6月末)の自己資本比率を公表した。

 連結の総自己資本比率は26.68%。3月末より1.44%上昇した。利益剰余金などの増加で自己資本が増加したことや、円高にともない外貨建て資産のリスク・アセットが減少したことなどが要因となった。
 最低限の維持が求められる総自己資本比率は8%。この水準を大きく上回っている。なお、単体の総自己資本比率は26.93%となっている。

 

(関連記事)

景気の戻り鈍く足踏み感も 農林中金総研見通し(2014.08.21)

【時の人 話題の組織】嶋村茂治・(株)みらい代表取締役 植物工場を新たな農業分野として確立(2014.08.18)

【農業改革、その狙いと背景】暮らしに向けられる規制改革「ドリルの刃」 増田佳昭・滋賀県立大学教授(2014.08.08)

JA全中新体制発足 総合審議会にも諮問(2014.08.08)

経常利益45億円増 農林中金第1四半期決算(2014.08.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ