Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

1.4~1.5%の成長 国内景気は回復基調続く 農中総研2017年5月23日

一覧へ

2017~18年度経済見通し

 農中総研は22日、2017~18年度改訂経済見通しを発表した。それによると「視界不良ながらも、国内景気は回復基調を継続」するとして、17年度1.4%、18年度1.5%の経済成長を見込む。

 見通しによると、米国のトランプ政権の経済政策、北朝鮮の挑発的な軍事行動、EUのポピュリスト政党の躍進など、世界は不透明な状況が続いているが、実体経済は新興国を中心に回復基調をたどっているという。
 それがわが国の輸出増を促し、生産・設備投資などの企業活動に好影響を与えている。また年末に足踏み状態になって、民間消費にも持ち直しが見られるなどで、「国内景気は回復傾向にある」と分析する。
 先行きについては、17年度前半は経済対策の効果が期待され、さらに年度下期には雇用環境の改善を背景に「企業から家計」への所得還流が強まり、経済の好循環が始まるとみられ、「こうした回復基調はしばらく継続するだろう」とみる。
 一方、米国初の金利上昇などで「ゼロ%程度」という長期金利の目標の維持が難しくなる場面も想定されるが、その際には「指値オペや固定金利オペなどを駆使して金利上昇を抑制するだろう」と見通す。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る