左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業経営アドバイザー総勢4200名超すー日本公庫2017年8月18日

一覧へ

農協職員も630名

 日本政策金融公庫(日本公庫)農林水産事業は8月10日、農業経営アドバイザーが総勢4200名を超えたと公表した。

 日本公庫は29年度前期の農業経営アドバイザーの研修・試験を行い、8月4日の審査で新たに240名が合格した。その結果、合格者の総数は4295名となった。
 内訳は税理士・公認会計士973名、農協職員637名、金融機関職員1795名、公庫職員305名、その他585名となっている。
 農業経営アドバイザー制度は、「農業の特性を理解している税務、労務、マーケティングなどの専門家からアドバイスを受けたい」という農業経営者の要望を受けて経営への総合的で的確なアドバイスを実践できる人材を育成するために創設した制度。専門的な研修を行ったうえで試験を実施している。29年度後期の研修・試験は8月に募集し11月6日から10日に東京都内での実施を予定している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る