左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

サステナ・リンク・ローンを初契約-農林中金2020年6月3日

一覧へ

農林中央金庫は5月29日、三菱地所とサステナビリティ・リンク・ローンの契約を締結したと公表した。同ローンの初契約となる。

サステナビリティ・リンク・ローンは貸付先企業の経営戦略に基づく持続可能な社会実現などに向けた目標(サステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット:SPTs)を設定し、貸付条件をその目標達成状況に連動させるもの。
貸付先企業が、たとえば掲げたCO2削減目標を実現すれば金利を低下させるなどの条件でローンを組むことで環境や社会の面から持続可能な事業活動と成長を支援することをめざす。

三菱地所は持続可能な社会実現をめざした事業を推進するため今年1月に「三菱地所グループのSDGs2030」を定め気候変動問題に関しても具体的な数値目標を設定して取り組むことにした。

今回のローンはこれに基づくCO2排出量(2030年時目標:2017年比35%削減)と再生可能電力比率(2030年時目標:25%)をSPTsに設定した。
ローンの実行日は2020年5月29日で金額は115億円の長期運転資金。融資期間は11年3か月としている。

同ローンは資金使途を限定せずに事業資金に活用できるのが特徴だが、三菱地所では資金の一部を再生可能電力の導入拡大やCO2削減に寄与する取り組みにも活用する計画。農林中央金庫はこのローンは国連が掲げるSDGsの▽住み続けられるまちづくりを、▽エネルギーをみんなに、そしてクリーンに、▽気候変動に具体的な対策を、に貢献するとしている。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

解説・提言

topへ戻る