Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

3カ年計画総仕上げへ JA共済全国普及推進進発式2021年4月16日

一覧へ

JA共済連は4月14日、令和3年度の「JA共済全国普及推進進発式」を東京・平河町のJA共済ビルで開催した。今回は新型コロナウイルス感染防止の観点から、各都道府県の本部長をはじめ、副本部長や普及担当部長ら約150がオンライン方式で参加した。

全国をオンラインでつなぎあいさつする青江経営管理委員会会長全国をオンラインでつなぎあいさつする青江経営管理委員会会長

青江伯夫経営管理委員会会長は、進発式の開会あいさつで、「昨年度はコロナ一辺倒の1年であったにも関わらず、今一歩のところまで追い上げていただいた。重点施策については、2年連続で目標を達成することできた。この結果はJA役職員、本部長をはじめとした連合会職員の尽力の賜物であり、心より感謝と敬意を表したい」とその努力を讃えた。

また、2021年度(令和3年度)は3カ年計画最終年度を踏まえた総仕上げの年となり、特にヒト保障を軸としたサービスを着実に進めることが、目標達成に向けて重要との考えを示した。そして、「毎年のように自然災害が多発する中、JAグループの中でも共済事業の重要性がさらに高まっている。JA共済に加入して良かったと言われるよう、一致団結して頑張っていこう」と呼びかけた。

その後、JA共済ビルと全国地区の各県本部をオンラインで結び、各エリアの代表から「目標達成に向けて全力をあげる」との決意表明があった。

成田本部長の音頭による全員での「ガンバロー三唱」で結束を誓った。

「ガンバロー三唱」の様子「ガンバロー三唱」の様子

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

イソクラスト:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る