Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

米の価格下落で相談窓口-日本政策金融公庫2021年10月14日

一覧へ

日本政策金融公庫は10月13日、「令和3年産米の価格下落に関する相談窓口」を12日付けで設置したと発表した。

2021(令和3)年産米の価格下落の要因の1つは新型コロナウイルス感染症の影響があることから、農水省は、影響を受けた農業者に対して農林漁業セーフティネット資金などの融資の円滑化や実質無利子化などの特例措置で支援する。

これをふまえて日本政策金融公庫は新型コロナウイルス感染症の影響により経営に影響が出ていることなどを確認できた農業者を対象に融資などで支援する。

対象資金は農林漁業セーフティネット資金、農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)、経営体育成強化資金。

具体的な措置内容は▽金利負担軽減措置(公益財団法人農林水産長期金融協会が借入者に利子助成することで融資当初5年間の実質無利子)、▽実質無担保措置。

また、農林漁業セーフティネット資金では融資限度額を引き上げる。通常は600万円だが1200万円とする。特認として簿記記帳を行っている農業者で経営規模などから融資限度額の引き上げが必要と認められる場合に年間経費等も融資限度額とする。

償還期限も通常10年以内を15年以内に延長する。

農林水産事業を設置するすべての日本政策金融公庫の支店に相談窓口を設置する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る