2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:モーティブ
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

県信連ベース決算 経常利益1646億円 前期比+285億円 2021年度決算2022年7月20日

一覧へ

農林中央金庫は7月15日、32信連ベースの2021年度決算状況を公表した。

2021年度は経常利益は1646億円で前期比+285億円となった。当期剰余金は1435億円で同+336億円となった。

貯金残高は69兆194億円で同+830億円となった。貸出金残高は8兆7174億円で同+696億円、有価証券残高は22兆1639億円で同+7279億円)、預け金残高は41兆2728億円で同▲1兆5800億円となった。

以上から総資産額(債務保証相当額を除く)は77兆4038億円となり、同▲4570億円となった。

調達・運用資金利ざやは前期比+0.02ポイントの0.10%となった。

自己資本比率は加重平均で15.7%となり、前期比+0.3ポイントの上昇となった。

農協法に基づく開示債権は811億円で同▲89億円となり、貸出金残高に占める割合は同▲0.1ポイントの0.9%となった。

全国47都道府県のJAの貯金残高は108兆3421億円で同1兆4721億円増、+1.4%となった。貸出金残高は22兆3370億円で同+7414億円となった。有価証券残高は5兆5528億円で同8110億円増、系統預け金残高は80兆1426億円で同▲1292億円となった。

信連の2022年度の見通しについて農林中金は「一定程度の収益が確保される見通し」としている。

信連は農林中金と統合した青森、宮城、秋田、山形、福島、栃木、群馬、千葉、富山、岡山、長崎、熊本と、JAならけん、JAしまね、JAおきなわを除いた32都道府県にある。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る