人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

産官民学連携で新しい防災を考える「もしもプロジェクト」東京と名古屋で開催 こくみん共済 coop2023年3月31日

一覧へ

こくみん共済 coop 〈全労済〉は、(一財)渋谷区観光協会と(一社)渋谷未来デザインとともに、防災・減災の普及とネットワークづくりを推進するイベント「TOKYOもしもFES渋谷2023」を開催。また、新たな取り組みとして、地方大都市圏における防災・減災の普及とネットワークづくりも推進するため、名古屋テレビ放送とともに、名古屋市の後援を受けて「もしもFES名古屋2023」を開催する。

こくみん共済 coop 〈全労済〉は、同イベントの主催組織の一つとして、企画運営に携わるだけでなく、ブースで家族や友達と一緒に体験したくなる様々なコンテンツをご用意。また、ステージイベントにも参加し、もしもの災害のときに備え、正しい防災知識を普及啓発し、被害を減らすことを目指す。

「もしもプロジェクト」開催2年目となる渋谷会場では、「TOKYOもしもFES渋谷 2023」とイベント名称を変更して開催。同イベントは2019年まで開かれていた渋谷区総合防災訓練(SHIBUYA BOSAI FES)の流れをくんで2022年9月からスタートした渋谷区民・来街者参加型で「防災・減災」を普及啓発している。様々な企業・団体が参加し、体験ブースやステージイベントを開催する。

また、今年新たに名古屋で開催する「もしもFES名古屋 2023」は、愛知・三重・岐阜の東海3県で放送事業を展開するメ〜テレ(名古屋テレビ放送)とタッグを組み、地方大都市における都市防災のあり方を新たに考えるイベントとして実施。名古屋市の後援のもと、Hisaya-odori Park内のメディア広場などで、様々な企業・団体が参加し、体験ブースやステージイベントを開催する。

また、メ〜テレが制作する平日夕方のニュース情報番組『アップ!』でも防災・減災のベルト企画を実施。名古屋市や地下街と連携した啓発活動にも取り組む。

「もしもプロジェクト」◎「TOKYOもしもFES渋谷 2023」実施概要
日時:9月2日、3日 10:00〜17:00
会場:代々木公園(東京都渋谷区)
入場料:無料

◎「もしもFES名古屋 2023」実施概要
日時:5月27日、28日 10:00〜18:00
会場:Hisaya-odori Park内のメディア広場、中部電力 MIRAI TOWER イベント広場、中部電力 MIRAI TOWER 南側(Hisaya-odori Park内)、テレビトーヒロバ
入場料:無料

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る