人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

防災・減災へ 各種活動で「備え」の大切さを呼びかけ JA共済連2023年9月4日

一覧へ

JA共済連は、9月1日の「防災の日」を機に、防災・減災に向けた取り組みとして、体験学習型イベントプログラム「ザブトン教授の防災教室」に、2つの新コンテンツを追加し、特設WEBサイト「ザブトン教授の防災教室」を開設した。また、「ぼうさいこくたい2023」で「ザブトン教授の防災教室」ブースを出展する。

防災・減災へ 各種活動で「備え」の大切さを呼びかけ JA共済連

JA共済は、日本各地で発生が懸念される大型地震に対する備えの重要性を訴えることを目的に、イス型の地震動体験装置「地震ザブトン」と地震による室内被害の様子を映したVRゴーグルやモニターなどを使用し、過去に発生した大地震の揺れを体験して学べる「ザブトン教授の防災教室」を全国で実施。これはJA共済オリジナルのイベントプログラムで、阪神・淡路大震災や今後想定される南海トラフ地震など疑似体験を通じて、防災意識を高めることを促している。

今年の9月1日「防災の日」は、関東大震災(大正12年)から100年の節目を迎えることから、「ザブトン教授の防災教室」のメニューに"関東大震災級の揺れ"を追加。関東大震災級の地震を想定し、首都圏4都県における複数地点の揺れを、当時の被害状況から推定された震度を参考に再現する。

また、首都直下地震の一つである都心南部直下地震が発生した場合に、都内で震度7が想定される地点の揺れを1か所再現するコンテンツも追加。さらに、JA共済地域貢献活動ホームページ「ちいきのきずな」内に特設WEBサイト「ザブトン教授の防災教室」を開設し、関東大震災の被害状況などについて、わかりやすく解説するとともに、ハザードマップの活用や家具固定の有用性を説き、地震に対する備えの重要性を呼びかける。

「ぼうさいこくたい2022」の「ザブトン教授の防災教室」ブース「ぼうさいこくたい2022」の「ザブトン教授の防災教室」ブース

9月17日、18日の2日間は、横浜国立大学神奈川県横浜市で開かれる「防災推進国民大会2023」で、「ザブトン教授の防災教室」のブースを出展する。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る