人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

"寄り添う"活動を徹底 24年度JA共済事業計画2024年3月26日

一覧へ

JA共済連は3月21日に2024年度のJA共済事業計画を決定した。24年度は「新たな時代に、変わらぬ安心を~地域とともに、農とくらしの未来を支えるJA共済~」をスローガンに掲げた3か年計画の最終年度であり次期計画への架け橋となる年度であることから、これまで以上に「組合員・利用者本位」で業務運営に取り組む。

2024年度は3つの重点取組事項を設定している。

1つ目は「全契約者・組合員への"寄り添う"活動の展開を通じた保障充足」。組合員・利用者一人ひとりに寄り添った事業活動を行うための関係再構築と強化に向けて▽組合員・利用者への"寄り添う"活動の徹底、▽組合員・利用者一人ひとりに応じた保障・サービス等の一体的な提供に取り組む。

2つ目は「組合員・利用者の信頼と期待に応えるための態勢づくり」で▽「組合員・利用者本位の業務運営」の浸透・定着に向けた環境整備、▽推進者の育成・支援の強化と態勢整備、▽共済事業体制総点検運動のさらなる実践・促進、▽利便性向上・事務負荷軽減に向けた取り組み強化を実践する。

3つ目は「社会的責任を果たすための信頼性・健全性の強化」で▽コンプライアンス・ガバナンス態勢の強化、▽統合リスク管理態勢の高度化、▽社会課題解決等への取り組み、▽連合会職員のさらなる育成強化を実践する。

JA共済連は全国のJAとともに組合員・利用者に寄り添った事業活動を展開するため「組合員・利用者本位の業務運営にかかる取組方針を策定、公表している。

7つの柱からなり、組合員・利用者本位の共済仕組みの開発や、保障提案、情報提供、分かりやすい手続きの提供と円滑な損害調査と共済金支払いなどに取り組むとしている。また、組合員・利用者の「声」を活かした業務改善や、組合員・利用者本位の業務運営ができる人材育成への取り組みも掲げている。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る