米・麦・大豆 ニュース詳細

2013.11.11 
新しいカンショでん粉 JA鹿児島経済連など一覧へ

 農研機構やJA鹿児島県経済連などは11月15日、東京・浜松町のコンベンションホールで新たに開発したカンショでん粉のセミナーを開く。

 これは、農研機構が、生産者、実需者、行政関係者など幅広い関係者を対象に研究成果の発表と意見・情報交換を行う新たな広報活動「農研機構成果宅配便」のひとつ。
 今回は、JA鹿児島経済連、鹿児島大学、鹿児島県農業開発総合研究センター、日本澱粉工業(株)、農畜産業振興機構、松谷化学工業(株)との協力で、「新規カンショでん粉の魅力と実力」をテーマに開催する。
 でん粉用カンショの新品種「こなみずき」は、耐老化性に優れ、食感を改良できる新品素材だが、生産量が少なく入手が困難で、九州地域以外ではあまり知られていない。
 今セミナーでは、これらの開発の取り組みを各協力団体・企業が紹介するほか、セミナー後の交流会では試食も行う。
 13時30分から16時まで。参加費無料。定員150人だが、事前登録が必要。申し込みは、農研機構九州沖縄農業研究センター畑作研究領域サツマイモ育種グループ(Eメール、TEL:0986-24-4273、FAX:0986-24-4283)まで。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ