Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

BG無洗米で「地球環境大賞 環境大臣賞」受賞2015年3月2日

一覧へ

 東洋ライス(株)は、平成3年より取り組んでいる「BG無洗米による米のとぎ汁公害及びCO2排出の削減活動」が評価され、このたび「第24回地球環境大賞 環境大臣賞」を受賞した。

 この賞は、フジサンケイグループが、公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン 名誉総裁・秋篠宮殿下)の特別協力を得て、平成4年に創設した顕彰制度によるもので、「産業の発展と地球環境との共生」に貢献した企業や団体、自治体に与えられる賞だ。
 これまで同賞は、大手企業による大規模な取り組みに授与されることが多かった。中小企業が受賞するのは稀なことであり、それだけにBG無洗米の普及による環境保全効果が、極めて有効であると評価されたものだ。授賞式は、平成27年4月9日、秋篠宮殿下、同妃殿下御臨席のもと、明治記念館において行われる。
 これまでBG無洗米は、平成4年度に生産を開始して以来、平成24年度までに、538万4501トンを生産した。その結果、54万トンの汚泥削減と、各地の水質浄化に寄与し、更に33万トンのCO2を削減し、温暖化防止にも貢献した。
 また、BG無洗米を製造する際に回収されるヌカ(水に流すとヘドロになる)は、「米の精」という商品に加工され、ほぼ全量が有機質肥料や飼料として、循環型農業に有効利用されている。
 同社は、全国に56箇所あるBG無洗米製造工場や、BG無洗米や金芽米を利用している消費者や需要者と、さらに一致協力して、米のとぎ汁公害やCO2排出の削減活動を推進していく考えだ。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る