米・麦・大豆 ニュース詳細

2015.07.02 
麦類生産費、10aあたりは前年比増-26年産一覧へ

 農林水産省は26年産麦類生産費を6月23日に公表した。

小麦の10aあたり生産費(全算入)は6万2437円で前年産にくらべ3.5%増加した。肥料価格の上昇で肥料費が増加したことによる。
 60kgあたりの生産費は8447円で前年産にくらべ0.7%減少した。これは10あたり収量が増加したことによる。
 二条大麦の10aあたりの生産費は5万5797円で前年産とほぼ同じだった。50kgあたりの生産費は8763円で前年産にくらべて5.8%増加した。これは10aあたり収量が減少したことによる。
 収量の減少にともなって刈り取り・脱穀労働時間が減少し労働費は減少したが、肥料価格の上昇で肥料費が増加したことから、10あたり生産費は前年産とほぼ同じになった。 六条大麦の生産費は10aあたり4万5744円で前年産にくらべ0.7%減少した。10aあたりの収量の減少にともない労働費が減少したことによる。 50kgあたりの生産費は8177円で前年産にくらべ7.7%増加した。10aあたり収量が減少したことによる。
 はだか麦の生産費は10aあたり5万1504円で前年産より0.7%増加した。肥料価格上昇で肥料費が増加したことによる。60kgあたりの生産費は9260円で前年産にくらべ4.4%増加した。10aあたりの収量が減少したことによる。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ