左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米価水準「高くなる」見通しは継続-米穀機構2016年7月11日

一覧へ

 米穀機構が公表している米取引関係者の需給や価格に関する見方についての調査結果によると、6月調査でも、需給が締まり米価水準が高くなるとの判断が依然継続していることが示された。

 主食用米の需給動向についての現状判断DIは59で前月より▲7ポイントとなった。また、向こう3か月判断DIは56で前月より▲9ポイントとなった。ただ、いずれもDI値は50を超えており、需給は「締まっている、締まる」との見方は依然継続している。
 また、主食用米の米価水準についての現状判断DIは52で前月より▲3ポイントとなった。向こう3か月判断DIは56で前月より▲9ポイントなったが、「米価水準が高くなる」との見方は継続している。
 DIはアンケート回答者の判断や方向性を指数化したもの。数値が100に近づけば「需給が締まる」、「米価水準が高くなる」という見方が前月より強まったという傾向を示す。
 判断にあたって関係者がおもに考慮した要因は▽米穀の調達状況=51%、▽国内の在庫水準=19%、▽消費者の動向=11%などとなっている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る