米・麦・大豆 ニュース詳細

2016.08.29 
"格別感"でトップ米目指す「新之助」 新潟県一覧へ

 新潟県は8月26日、東京都内でコシヒカリと並ぶブランド米を目指す「新之助」のパッケージ披露目会を開いた。紅白でめでたさ、「新之助」の文字デザインで水引きをイメージしたパッケージに、ゲストとして訪れた女優の真矢ミキさんは「贈り物として私もいただきたいくらい、素晴らしい」と太鼓判を押した。

 「新之助」は地球温暖化の進行に備え、新潟県が現在より気温が高くなっても品質が高く美味しい米が食べられるよう平成20年度から開発した新品種。20万株の品種候補の中からコシヒカリと異なる美味しさや特徴をもつものとして選ばれた。大粒で粘りが強く、冷めても硬くなりにくい特徴がある。
 また独自の品質基準を持っており、一定の要件を満たした生産者でつくる「研究会」体制で栽培している。
 同県高井盛雄副知事はパッケージについて「晴れの日のイメージで格別感を表現している」と話し、「新之助」については「性的な米の名前が多いなか、若くセンスのある男性で、日本男児をイメージした」と語った。
 イタリア・ミラノにある「RISTORANTE TOKUYOSHI」のオーナーシェフ徳吉洋二氏、東京・築地の「つきぢ田村」の三代目主人の田村隆氏が、新之助をそれぞれリゾットや丼として紹介。魅力について「デンプン質が豊富なことが特徴的で、芯が壊れないことも魅力」「粒が大きく米の食感があり力強い」と各々語った。
 試食した真矢ミキさんは「お米がしっかりと浮き上がってくる。洋食、和食にもあう」と話した。


◆10月から試験販売

披露目会で左から徳吉氏、真矢ミキさん、高井副知事、田村氏。 新之助は10月5日から新潟県内と首都圏・中京・京阪神の3大都市圏の三越伊勢丹グループで試験販売を開始予定。また10月中旬から12月末までの間、同地域の百貨店や高級スーパー、お米マイスターのいる米穀店などで優先的に試験販売を行う。実施規模は300t。29年産の出来秋から一般販売を行う。
 県農林水産部の目黒千早部長は米の価格は市場で決まるものの「日本一の魚沼産コシヒカリと肩を並べる価格を目指している」と話した。今年は天候に恵まれ順調に生育しているという。
(写真)新之助パッケージ。披露目会で左から徳吉氏、真矢ミキさん、高井副知事、田村氏。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ