米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.10.29 
加工方法で大きな差 健康になるコメとは 東洋ライス一覧へ

 東洋ライスは、12月1日に開かれる第59回日本食生活学会で「糖尿病になるコメと健康になるコメの違い」について研究成果を発表する。これにさきがけ10月25日、都内でメディアに向けて発表会を行い、東京農業大学の客員教授で同社の雑賀慶二社長が説明し、同社で加工するコメの優位性をアピールした。

雑賀社長は、10年前から酵素が多く残るように加工したコメを食べ続け糖尿病が完治したと話した。 「最近はコメに対する風当たりがとてもきつい。米を食べると糖尿病や肥満になるという風潮で、ダイエットには炭水化物をカットした方がいいなどいろいろな説があるが、私たちの研究で糖尿病を治す米と健康によいコメの見分け方がわかった」と雑賀社長(写真)は切り出した。

 厚生労働省の調査「国の医療費」によると昭和30年ごろにはほとんどゼロだった医療費が平成28年時点で約43兆円にまで膨れ上がっている。それに比例して糖尿病の患者数もこの60年で300万人にまで増えている(図1)。

糖尿病患者数

 その要因として自動車の普及と精米機の進化を挙げ、「運動不足と特に健康成分がほとんどなくなったコメを食べるようになったから」(雑賀社長)という。
 雑賀社長によるとコメの健康成分には「酵素」が関わっている。今ほど精米機が発達していなかった昭和30年頃まで市販されていたコメには酵素を含む糠が残っていたが、精米機の改良が進むと糠をきれいに取り除けるようになった。同時に栄養成分の酵素もすっかり取り除かれ、「炭水化物しか残らないコメになってしまった」と雑賀社長。「コメの消費量は落ちているのに、健康に大切な酵素が除かれた真っ白な米を食べるようになってから糖尿病患者が増えている」と指摘する。

nous1910290503.jpg

 さらに、コメの精米段階によって酵素が含まれる糠の量が違うことを栗との比較で説明した(図2)。米が籾殻でおおわれている状態は栗ならイガで覆われた状態。そして籾殻を取った玄米は栗に例えると鬼皮に等しいロウ層がついた状態で硬く消化が難しい。そして、栗の鬼皮も渋皮にあたる部分も除いた状態が白米にあたり炭水化物しか残らない。

 同社では酵素を残した米として玄米のロウ層を取り除いた「脱ロウ玄米」や、酵素が多い亜糊粉層を残した白米を展開。さらに、環境に有害な米のとぎ汁成分を肥料・飼料化し土壌菌を増やす肥料として同社が開発した「米の精」を施肥することで酵素の多い米を生産できるようになったという。雑賀社長は「食べやすくて最も健康にいいのは、酵素が多くなる栽培方法で作った米を酵素が多く残るように加工したコメであることを知ってほしい」とアピールした。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ