想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

神田外語グループの学生支援としてブランド米を寄贈 福島県天栄村2020年7月17日

一覧へ

神田外語グループ(佐野学園)と親交の深い福島県天栄村は、新型コロナウイルスで影響を受けた同グループへの学生支援として、同村のブランド米である「天栄米」を贈呈した。

天栄村概観(村役場ホームページから)天栄村概観(村役場ホームページから)

同グループの学生120人に向け計240kgの天栄米を贈呈。希望者への配布も開始した。天栄米を受け取った学生からは、写真入りの御礼メッセージが寄せられており、同グループがとりまとめて天栄村に送付する予定。

天栄村の添田勝幸村長は、「当村の幼稚園・小学校では、神田外語大学の学生に英語の授業を行っていただき、昨年の当村羽鳥湖オートキャンプ世界大会では通訳をお願いしたり、同大学の学生には本当にお世話になっている。今回の天栄米の提供は日頃の協力への感謝の気持ち。学生たちの今後ますますの活躍を心から祈念する」とメッセージを寄せている。

神田外語グループは1994年に「パスポートのいらない英国」をキャッチフレーズにブリティッシュヒルズを設立以来、同村と学生ボランティアの派遣や生涯学習に関する取り組み、数々のイベントを通して親交を深めてきた。

今回の新型コロナウイルス感染拡大により、全国的に経済的な打撃を受けた家庭や、アルバイトができない状況が続いた学生も多数発生。このような状況に鑑み、添田村長が天栄米の寄贈を発案。同米は米・食味分析鑑定コンクール国際大会で10回金賞を受賞するなど、味・品質ともに評価の高いブランド米で、福島県内の学生だけでなく神田外語大学の学生にも支援として贈呈したもの。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る