秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

2022年産米相対取引価格 前年産プラス1046円 60kg1万3850円 農水省公表2022年11月22日

一覧へ

農林水産省は11月18日、2022年産米10月の相対取引価格と数量を公表した。

10月の相対取引価格は全銘柄平均価格で60kg1万3898円となった。9月にくらべ63円下がった。

年産平均価格は前年産+1046円の60kg1万3850円となった。

2022年産米 前年産プラス1046円 60㎏1万3850円

年産平均価格は多くの銘柄で銘柄で前年産より上昇し、10%以上上昇した銘柄も多い。しかし、一方で西日本の一部の銘柄では前年比91%~92%とさらに低下しているものもある。前年比で91%~120%までばらつきが見られる状況になっている。

販売数量は19万1774tで対前月比127%、対前年同月比では105%となっている。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る