人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

米需給横ばい 需給均衡継続 2月調査 米穀機構2023年3月7日

一覧へ

米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)は3月6日、米取引関係者の需給見通し判断などの2月分の調査結果を公表し、主食米用の需給動向、米価水準ともに「横ばい」とした。

米需給横ばい 需給均衡継続 2月調査 米穀機構

主食用米の需給動向に関し、現状判断指数は前月から増減なしの53。向こう3カ月の見通し判断指数は1ポイント増の51。

米価水準の現状判断指数は前月から1ポイント増の46、見通し判断指数は前月から1ポイント減の56。

需給や米価の判断で考慮した要因のうち、前月より増えたのは「米穀の調達状況」で3ポイント増の45%、「消費者の動向」で2ポイント増の16%。

外国人旅行者増など、人の往来が活発化し、外食・中食などの業務需要の高まりが期待される一方で、物価高騰による節約志向で家庭向けの販売の苦戦が予想されるが、主食米関係者は全体的には需給は均衡との見通しだ。

また3月の販売数量、価格見通しは、生産者、集出荷、卸、小売りなど、いずれの関係者も販売数量は増え、価格は高くなるとし、指数が上がっている。

指数は前月と比較し100に近づけば、需給動向は締まっているとの見方が、米価水準は高くなるとの見方が、それぞれ強くなっている傾向を示している。全国の180の生産者、集出荷業者、卸・小売り業者に調査。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る