人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

令和4年産米 集荷、契約、販売数量減 価格横ばい 4月末 農水省2023年5月31日

一覧へ

農水省は5月30日、令和4(2022)年産米の2023年4月末の契約・販売状況などを発表した。

同年4月末現在の全国の集荷数量は266.9万トン(対前年同月比21.5万トン減)、契約数量は247.0万トン(同9.8万トン減)、販売数量は130.6万トン(同4.8万トン減)だった。

全国の民間在庫は同年4月末現在で、出荷・販売段階の合計で219万トン(同19万トン減)だった。

同年4月末現在の米穀販売事業者の販売数量、販売価格については、速報値ベースで、販売数量は前年同月比101.2%。小売事業者向けは同100.8%、中食・外食事業者等向けは同101.7%だった。

販売価格は小売事業者向けが同104.6%、中食・外食事業者等向けは同101.6%だった。数値は同年4月末現在の米穀販売業者が販売している精米の全体数量・価格の動向を指数化したもの。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る