人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

日光の清流で育まれた特別なコシヒカリ「しゃりまんてん」ニューパッケージで登場 栃木県2023年11月10日

一覧へ

栃木県日光市は、『日光ブランド米拡大プロジェクト』に基づき、11月からJAかみつがが販売する日光産米のパッケージ(販売袋)をリニューアルし11月11月から販売開始。同市が日光産米ブランド力強化支援事業として協働し、日光産米の認知度と市場価値の向上を目指す。

「しゃりまんてん」の新パッケージ・2合パッケージも登場「しゃりまんてん」の新パッケージ・2合パッケージも登場

「しゃりまんてん」の名前の由来は、しゃり(米)が満点ということで、日光の恵まれた自然の中で、生産者が丹精込めて育てたおいしいお米であることを表現している。

御神水で磨かれた「しゃりまんてん」。日本百名山のひとつ、男体山の頂上からの眺めは観音浄土にたとえられたほど神々しく、山域全体が日光二荒山神社の境内となっており、古くから山岳信仰の聖地として崇められてきた。そのふもとで丹精込めて育てられた「しゃりまんてん」は、空気が凛と澄む神聖な場所で、日光をたくさん浴びて育つ。山から流れる名水に育まれた、特別なコシヒカリは、食べるほどに縁起が良くなりそうなとっておきのお米。今回は 栃木県日光市の新しい魅力に光を当てるプロジェクト「NEW DAY, NEW LIGHT.」オリジナルのパッケージに詰め込んだ。

デザインは、世界遺産を持つ日光の美しい自然と、日光連山からの清流の恵み(御神水)で育まれたお米であることを「太陽」「鳥居」「山」のアイコンでシンボリックに表現。また、「NEW DAY,NEW LIGHT.」のロゴデザインと同じ3色で彩った。また、「しゃりまんてん」を手軽に味わえるよう、新たに2合パッケージを用意。日光のお土産にも最適なお試しサイズで、帯は"おみくじ"になっている。

日光産コシヒカリ「しゃりまんてん」2kgは980円、5kgは2400円、10kgは4500円。いずれも税込。ニューパッケージ商品の販売は11月11日から予定。2合パッケージのみ12月下旬予定。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る