肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2013.05.16 
畜産農家へ応援メッセージ、9000通超す一覧へ

 JAグループは日本の畜産・酪農への理解を広め、国産農畜産物の消費を拡大するため2月末から1か月間「がんばろう! 日本の畜産・酪農 応援キャンペーン」を実施。消費者から生産者への応援メッセージを募集した。JA全中のまとめでは9917通のメッセージが寄せられた。

 キャンペーン期間中は、畜産農家・酪農家の取り組みを紹介したチラシをイベントで配布し、ホームページにも掲載した。寄せられた応援メッセージの一部は全中ホームページでも公開している。メッセージの一部は以下のとおり。

○「子どもの成長にお肉は欠かせない。厳しい基準で定められた安全な餌を食べて、暑さ対策など家畜が快適に育つように手間と愛情をかけて丁寧に育てられた牛や豚なら安心して子どもに与えられます」(30代女性)

○「子どもたちには安全でおいしい国産のものも食べさせたいと思い、金額より産地を優先させています。今は景気低迷で安いものへみんな手を出してしまいがちですが、安さより安全さを優先させたいと思っています」(30代女性)

○「今回のキャンペーンで、畜産・酪農家の皆様が厳しい管理基準を守り、家畜が病気にならないような飼養管理のもと、安心・安全な飼料を与えて365日愛情を込めて大切に育てている姿勢に頭が下がりました」(30代女性)

○「TPP交渉参加について盛んに議論されていますが、消費者には、値段だけでなく、安心も買うという観点も見逃さないで欲しいものです。ぜひ、これからも良いものを作り続けてください」(50代女性)

○「将来、家庭を持ったときに子どもには国産の食材を食べさせてあげたい。おいしさはもちろん、国産の畜産物の高い安全性が家族の笑顔を生み出すと思っています。これを機に畜産・酪農に関心を深め、もりもり食べて応援していこうと思います」(10代女性)

○「生産者の苦労を思いながら、国産だから安心して牛肉、豚肉を食べています。家族みんなで毎日もう1杯多く牛乳を飲み、健康と酪農の未来を支えます」(60代男性)。

○「スーパーに買い物にいくたび『こんなに安くてよいのだろうか』と心配になります。日本は土地が狭かったり、エサとなる穀物の価格が高かったり、決して良い条件だとは言えません。生産者が幸せでないと『安心・安全な食べもの』を私たちは食べられません」(50代女性)


(関連記事)

「29日は肉の日」に3000人集う JA全農(2013.05.09)

国産畜産物志向増える JC総研の消費者調査(2013.04.04)

29日は肉の日 JA全農山形が山形牛をPR(2013.04.01)

「29日は肉の日」を強力にアピール  国産畜産物の販売力強化対策(2012.12.25)

【インタビュー】JA全農ミートフーズ(株)木村敬・代表取締役社長  消費者と畜産農家の懸け橋として(2012.12.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ