肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2015.07.03 
英国ハンプシャー州からの家きん輸入停止を解除一覧へ

 農水省は、英国ハンプシャー州における低病原性鳥インフルエンザの清浄性を確認し、7月1日に同州からの生きた家きんの輸入停止措置を解除した。

平成26年11月に英国ヨークシャー州のあひる農園で高病原性鳥インフルエンザ(H5N8亜型)の発生が確認され、英国全土からの生きた家きんの輸入を停止。27年2月に同国の清浄性を確認したが、ハンプシャー州の肉用種鶏農場で低病原性鳥インフルエンザ(H7N7亜型)の発生が確認され、2月19日、ハンプシャー州を除いた英国からの生きた家きんの輸入停止措置を解除していた。

(関連記事)

野鳥の鳥インフル全て陰性 環境省・農水省  (15.06.01)

ブルガリアからの家きん肉輸入解禁 農水省 (15.05.20)

米国インディアナ州からの家きん肉輸入停止 農水省 (2015.05.13)

鳥インフル清浄国に (2015.04.27)

米国ウィスコンシン州で鳥インフル発生 (2015.04.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ