肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2016.10.21 
日本の酪農 応援を-酪農家が有楽町でPR一覧へ

 全国酪農業協同組合連合会(全酪連)は10月21日、全国酪農青年女性会議と協力して消費者に酪農への理解を深めてもらう街頭宣伝活動を東京・有楽町駅前で行った。全国から酪農家13名が集まり、道行く人々に「日本の酪農を応援して豊かな私たちの未来へ進もう」と呼びかけていた。

牛の模型。模擬搾乳ができる。空手の日本女子代表チームのみなさん 有楽町駅前広場に酪農と牛乳の理解促進のためのパネルを設置したほか、搾乳の模擬体験ができる牛の模型の展示、ビデオ放映も行った。
 「私たちは酪農家です。酪農と牛乳についてもっと知ってもらうおうと集まりました」と順番にマイクを握って呼びかけた。
 牛乳は栄養がいっぱいで、とくに日本人に不足しがちなカルシウムを豊富に含んでいるだけでなく、牛乳のタンパク質からできる物質にカルシウム吸収を高める物資があるために吸収効率が高いこと、血圧を下げる効果もあることなどを訴えた。 また、酪農家が地域の農地を守り、子どもたちに酪農の学習体験の場を提供するなど、社会的にさまざまな役割を果たしていることも強調して「私たちの豊かな生活を守るためには日本の酪農を応援し国産牛乳を守っていくことが必要です」と理解を求めた。
 半澤善幸全国酪農青年女性会議委員長は「消費者のみなさんに酪農家が直接話しかけるようにしました。現場を知ってもらえばお店で牛乳に手を伸ばしてもらえるのでは。生産者にとっても消費者の考えを知ることが大事です」と話していた。
 パネルでは後継者が不足し生乳生産の基盤が厳しくなっていることなども紹介していて、足を止めて熱心に見入る人も多かった。
 疑似搾乳体験も人気。偶然通りかかったのは、これからオーストリアの世界大会に出場するために成田空港に出発するという空手の日本女子代表チーム。「選手たちは牛乳を毎日500ml。ヨーグルトもしっかり食べてます」と元気いっぱいだった。
 生乳の指定団体のあり方が政策議論となっているが半澤委員長は「毎年のようにバターを緊急輸入するのはおかしい。消費者にきちんと供給することは国産酪農の課題。安定供給していくためのよりよい制度にすることを前提に議論してほしい」と話していた。

パネルを熱心に見入る人も多かった。パンフレットなどを配るだけでなく酪農の現状を知ってもらおうと話しかけることを心がけていたパンフレットなどを配るだけでなく酪農の現状を知ってもらおうと話しかけることを心がけていた
(写真)牛の模型。模擬搾乳ができる。空手の日本女子代表チームのみなさん
パネルを熱心に見入る人も多かった。
パンフレットなどを配るだけでなく酪農の現状を知ってもらおうと話しかけることを心がけていた

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ