Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

雪印メグミルク全17工場が食品安全規格認証を取得2019年11月21日

一覧へ

 雪印メグミルク(株)は、11月21日、国内の自社17工場で食品安全マネジメント規格FSSC22000※の認証を取得したと発表した。

 雪印メグミルクは、雪印メグミルク品質保証システム「MSQS(MEGMILK SNOW BRAND Quality Assurance System)」により、徹底した品質管理・衛生管理を行っている。「MSQS」は、各部門で働く従業員による品質保証活動を推進するとともに、ISO9001とHACCPの考えを取り入れた雪印メグミルク独自の品質保証システム。

 同社は、この品質保証システムの一般衛生管理を世界標準にまで引き上げ、食品安全に対する取り組みを強化するため、FSSC22000導入を推進してきた。
 2017年2月に海老名工場(神奈川県)でのFSSC22000認証取得を皮切りに、他工場でも順次、認証取得に向けた取り組みを進め、19年11月に大樹工場(北海道)の認証取得をもって、国内自社17工場全てでFSSC22000の認証取得を完了した。

(※)食品安全の国際企画であるISO22000と一般衛生管理の具体的要求事項(PRP)を定めたISO/TS22002-1を統合し、国際食品安全イニシアチブ(GFFI)が認定した認証規格。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る