想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

国内外の研究成果を定期発信 Jミルク2020年9月18日

一覧へ

一般社団法人Jミルク(東京都千代田区、川村和夫会長)は9月17日、牛乳乳製品と人の健康にかかわる国内外の様々な調査研究成果を紹介する「ACADEMIC RESERCH Up date」を定期的に発行すると発表した。牛乳乳製品の価値を高めていく考え。

月1回ペースでの発行を予定している「ACADEMIC RESERCH Up date」は、世界的に信頼度の高い学術誌などに掲載された最新の論文を取り上げながら、「何が新しく、牛乳乳製品の価値向上にどう貢献する論文なのか」を分かりやすく紐解く内容に編集する。

同日すでに、第1号が同社のホームページで公開され、イギリスの医学誌「ブリティッシュメディカルジャーナル」に掲載された論文をもとに、牛乳乳製品の摂取とメタボリックシンドロームとの関係についての紹介が始まっている。

21カ国10万人を対象に行われた同追跡調査では、乳製品を多く摂る人は摂らない人に比べ肥満やメタボリックシンドロームのリスクが低下することを報告。これについてACADEMIC RESERCH Up dat第1号は、「従来みられなかったアジア圏も対象に含まれた研究成果」として、牛乳乳製品の摂取がいかに健康にいいかを説いている。

【Jミルク】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る