想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業ビジネスの「THE FARM」と協力 マザー牧場に新たなグランピング登場2021年1月15日

一覧へ

先進的な農業ビジネスを手がける(株)ザファーム(千葉県香取市)は、フランチャイズ第1号としてマザー牧場(千葉県富津市)に、日本初の牧場グランピング施設「マザー牧場グランピング『THE FARM』」を、2021年前半にオープンする。

農業ビジネスの「THE FARM」と協力 マザー牧場に新たなグランピング登場

「オートキャンプ白書2020」によると、2019年のオートキャンプ参加人口は前年比1.2%増の860万人で、7年連続で増加。さらに、新型コロナウイルスの影響で、初心者でもアウトドアで気軽に楽しめるグランピングが注目を集めている。

ザ ファームは、人気のグランピング・キャンプ場を選ぶ、アウトドア・イノベーション・サミットで5年連続、東日本No.1。コロナ禍でも土日の予約が3か月先まで満室で、予約キャンセル待ちが年間1万8000件以上と宿泊希望者が殺到している。

今回、同じ千葉県内の「マザー牧場」にフランチャイズ第1号として、グランピング施設をオープンすることで、宿泊希望ユーザーがより気軽に、「THE FARM」のグランピングを楽しめる機会を増やす。

マザー牧場グランピング「THE FARM」は、マザー牧場の魅力である「動物たちを身近に感じられる牧場感」と、手ぶらで気軽に楽しめる豪華なキャンプ「グランピング」を同時に楽しめる新しいかたちのグランピング施設。マザー牧場の絶景を一望できるつくりで、動物や花とのふれあいや、さまざまなアクティビティを楽しめ、夕食には、マザー牧場の食材を使ったBBQを用意。アルパカなど動物が、宿泊エリアに来ることもある牧場に泊まったような開放感の中、快適なグランピング体験ができる。

マザー牧場との協力にあたり、ザファームの武田泰明社長は「全国的に知名度のある観光牧場で、ザファームの新たなグランピングを提供し、牧場グランピングという、新しいリゾートを創りたい」とコメント。また、マザー牧場の前田伸社長は「新たな農業体験の場として、両者の経験と想いを結集させた"牧場グランピング"にご期待ください」と話している。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る