JAの活動 ニュース詳細

2013.10.17 
JA全農が世界卓球スポンサーに一覧へ

 台風一過の10月16日、東京の岸記念体育館(渋谷区神南)で、「JA全農2014世界卓球団体選手権東京大会」の開催概要などについての記者会見が行われた。

ミニ米俵を手に持ち、大会の成功と活躍を誓う。(左から)平野選手、松平選手、吉永専務、石川選手、福原選手 日本卓球協会は同日、岸記念体育館に同大会日本チームの主力選手と目される松平健太選手、石川佳純選手、福原愛選手、平野早矢香選手を招き、JA全農が2014年に開催される「世界卓球団体選手権東京大会」のタイトルスポンサーになったことなど、同大会の開催概要を発表した。
 大会の正式名称は「JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会」、略称は「JA全農世界卓球」、英文通称は「ZEN-NOH Japan Table2014」となることと併せ、同大会の正式ロゴ、公認ポスターなども発表された。
 「JA全農世界卓球」は、2014年4月28日〜5月5日の8日間、国立代々木競技場第一体育館、東京体育館メインアリーナで開催される。世界各国から、男子120チーム、女子95チームで計800選手が出場する見込みだ。
 JA全農の吉永正信代表理事専務は「これまでもJA全農は、オフィシャルスポンサーとして卓球を応援してきた。卓球の未来を担う小学生から、現役の選手まで、幅広く支援していきたい。ロンドン五輪でもそうだったが、来年のJA全農世界卓球においても、私どもに力を与えてくれるものと期待している。大会中の食の支援という面でも、協力していきたい」とあいさつした。
大会ロゴ 会場に顔を揃えた主力4選手に、「試合前の勝負食は何か」と聞くと、女子選手は異口同音に「おむすび、ごはん」と回答、ひとり松平選手は「オムライス」と答えたが、「オムライスもごはんですね」とのフォローがあり、終始和やかな雰囲気の会見となった。
 選手たちは「被災地の人にも感動を与えたい、ホームでの大会なのでいつも以上の力を出したい」と大会に向けての抱負を力強く語った。

(写真)
ミニ米俵を手に持ち、大会の成功と活躍を誓う。(左から)平野選手、松平選手、吉永専務、石川選手、福原選手


(関連記事)

世界卓球でおにぎり提供 JA全農(2013.04.24)

卓球日本代表・石川佳純選手、JA全農を表敬訪問(2012.07.03)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ