左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAグループ輸出推進協議会を設置2014年6月5日

一覧へ

 JAグループは4月に策定した「JAグループ営農・経済革新プラン」で農業所得の最大化を図る一環として、輸出拡大戦略の構築と実践に自主的に取り組むことを決めたが、その実現に向けて6月3日にJAグループ輸出推進協議会を設置、第1回会合を開いた。

 政府は2020年までに農林水産物・食品の輸出額を1兆円に倍増させることを目標にオールジャパン体制の取り組みをめざしているが、JAグループ輸出推進協議会は政府・経済界などとの連携で主導的な役割を果たしていくために設置した。
 構成はJA全中、JA全農、農林中央金庫。第1回会合は、農林水産省と日本貿易振興機構(ジェトロ)がオブザーバーとして参加した。また、経済界にも呼びかけを行っており、今後は輸出に関するノウハウを持つ企業、団体、行政も参加する見込みだという。
 協議会では農産物輸出の実態把握と課題を整理し、一元的な輸出体制づくりに向けて▽物流体制の確立、▽輸出ビジネスモデルの構築、▽法人等の体制具体化などを検討していく。
 協議会には構成団体の役員レベルが出席、今後は実務者で検討を進め必要に応じて協議会を開く。JAグループの営農・経済革新プランでは来年3月には一元的な輸出を行う事業体を発足させる方針だ。


(関連記事)

【クローズアップ農政】TPP・・・って何?米国民の関心低く インタビュー・中岡望・東洋英和女学院大学副学長に聞く(2014.06.04)

安倍政権の農政改革をアピール 25年度農業白書(2014.05.27)

明らかになった農協批判の虚構(2014.05.23)

【農協改革】安倍総理、農協改革に意欲(2014.05.20)

香港・上海バイヤーとの輸出商談会開催(2014.05.14)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る