左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

香港・上海バイヤーとの輸出商談会開催2014年5月14日

一覧へ

 JAグループ(全中・全農・全共連・農林中金)は、日本農業法人協会の後援、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)の協力で、5月13日JAビル会議室において「香港・上海バイヤーとの輸出商談会」を開催した。

セミナーのようす 日本政府では、農林水産物輸出促進を国家成長戦略の柱の一つと位置づけ、輸出額を2020年までに1兆円(2013年:5500億円)に倍増させる目標を掲げている。
 これまでも、農林中央金庫では農林水産業者らの輸出サポートの一環として、海外バイヤーを講師に輸出セミナーを開催し、アジア最大級の食品商談会「香港フード・エキスポ」への出展を行ってきた。
 今回の商談会は、従来の輸出セミナーを、より実践的にしたもので、海外バイヤーとのネットワークも輸出ネットワークも少ない輸出未経験者・初心者を対象に、国産農畜水産物・食品の取扱実績が豊富な香港・上海のバイヤーとの商談の機会を提供するものだ。
 本商談会には、全国のJA、JF、農業法人、水産業者など約50団体・企業が参加予定で、商談会参加団体・企業を中心に、本年8月に開催される「香港フード・エキスポ2014」への出展を計画している。
 セミナーでは、香港貿易発展局大阪事務所長の伊東正裕氏が、「日本食品輸出先としての香港」のテーマで、香港の経済情勢、日本人に対する好感度、日本の食品・料理・食材に対する価値観、出店企業の成功例などを説明、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)の川上龍雄氏は「海外商談会を活用した販路開拓への取組み」のテーマで講演した。

(写真)
セミナーのようす


(関連記事)

企業主導の農政改革 新浪氏がまた提案(2014.05.09)

ネット販売を本格化 JA全農の26年米穀事業(2014.05.07)

JAグループ国産農畜産物商談会を開催(2014.03.12)

地元特産品や全農ブランド品で商談(2014.03.05)

仙台で3回目の復興商談会 JAバンクなど(2014.02.07)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る