Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全国のJA担当者が交流 食農教育の充実へ2015年8月31日

一覧へ

アグリスクール全国サミット

 全国のJAで、次代に食と農の大切さを伝える食農教育の取り組みが広がっている。JAの担当者が8月27、28日、東京で情報交換と相互の交流を行った。全国のJAで構成するあぐりスクール全国サミット実行委員会(事務局=家の光協会)の主催で、全国のJAから約100人が参加。先進JAの報告と、それぞれの経験を持ちより、JAによる食農教育の現状と課題、今後のあり方などについて意見交換した。

 現在、全国でアグリスクールを開校しているJAは166ある。アグリスクールサミットは平成17年、長野県のJA北信州みゆきで開いたのが最初で、その後JAの持ち回りで10回開いてきた。今回は11回目となり、10年間の歴史を振り返り一層充実させるため、内容はシンポジウムを中心とした。
 サミットでは、発起人の一人、元JA北信州みゆき組合長の石田正人氏が、政府の「農協改革」に対して、「JAは運動体であり、JAは足元を見つめ直し子どもに農業、食べ物、ふるさとの大切さを伝える教育活動が重要」とのメッセージを寄せた。
 実践報告はJA愛知東と、JA東びわこの2JA。JA愛知東は、組合長を校長とする「こども農学校」を開校。小学生を対象に年間10回の農作業や販売体験、発表会などを行っている。
 「こども農学校」卒業生の山崎ランサム窓香さん(中3)は、「生きるためには他の動植物の尊い命が失われていることがよくわかりました。だからこそ『食』に感謝します」と、意見発表し、会場から大きな拍手を浴びた。
 JA東びわこの「ちゃぐりんキッズ」は18年目を迎える。今年の新人職員16人のうち、3人が「ちゃぐりんキッズ」の卒業生だった。「ちゃぐりんの活動は『職員協力制度』から「人権活動21』に広がり、いまでは全職員がちゃぐりんに携わるようになった」と、職員の積極的な参加という大きな成果を挙げている。
 この後、佐藤幸也・関東学院大学教授が「小学校(教諭)との連携の強化」、「卒業生や保護者との関係性の維持・強化」、「子どもを引き付けるカリキュラムの実現」、「JAトップとして、食農教育の10年後の展望」について問題提起。「食農教育がJAの役割・使命として大切な柱であることを示し、地域と丸ごと一緒に歩む世界をつくりあげることが重要だ」と指摘した。これに沿ってグループに分かれて意見交換し、2日目は全員で討議した。
 なお、記念講演で村上光雄・広島県JA三次組合長が話した。

※山崎さんの「崎」の字は正式には異体字です。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る