JAの活動 ニュース詳細

2016.02.05 
JAグループが輸出推進対策本部を設置一覧へ

 JA全中は2月4日の理事会でJAグループ輸出推進対策本部委員会の設置を決めた。

 JAグループの輸出拡大の目的は、国内需要への安定供給を基本に、輸出によって新たな需要を開拓することで「農業者の所得増大」、「農業生産の拡大」を図ること。 同本部委員会は、JA・連合会などJAグループが一体となった輸出取り組み体制の構築や、重要課題に関する検討を行う。委員長はJA全農の中野吉實会長が就任。委員は各作物別対策委員会の委員長で構成する。
 JAグループは26年6月にジェトロや経団連とも連携したJAグループ輸出推進協議会を設置しているが、本部委員会はこの協議会とも連携して輸出拡大をめざす。
 第27回JA全国大会決議では、輸出先の動植物検疫・衛生基準の緩和を前提に「2020年までにJAグループの年間輸出額を380億円超に拡大することを目標」として掲げている。

(関連記事)
JA全農輸出目標 コメ1万t 牛肉500t (16.02.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ