Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAあいち中央が大賞受賞 平成27年度JA広報大賞 JA全中2016年2月18日

一覧へ

 JA全中は2月17日、品川プリンスホテルで平成27年度JA広報大賞を発表した。

奥野会長(左)から表彰を受けるJAあいち中央石川組合長JA広報大賞 JA全中の奥野長衛会長は表彰式で「TPPの大綱がでてきた中で、広報活動を通じてJAの地域での活動・活躍を国民へ向けてアピールすることが非常に重要な時期にきている」と述べ、広報の重要性を強調した。
 また、審査委員長の日本広報学会の上野征洋副会長はJAあいち中央(愛知県)の受賞理由について「組合員・役職員一人ひとりが広報マンとなり、地域に根ざし、組合員に向けた広報活動を実施していることが高く評価された。また、実際に訪問したところ、きめ細かい活動に全職員が取り組んでいることに感銘を受けた」と述べた。
 受賞にあたりJAあいち中央の石川克則組合長は、「合併20年目という節目の年にこのような栄えある賞を受賞でき光栄。くらしの拠点である支店を中心とした幅広い広報活動に理解が得られて嬉しい。今後も組織全体でのファンづくりにいっそう精進していきたい」と受賞の感想と今後の抱負を述べた。
 また、「総合の部」準大賞をJA松本ハイランド(長野県)、JAぎふ(岐阜県)がそれぞれ受賞した。
その他の部門の優秀賞は以下の通り
○「組合員向け広報誌の部」
JA静岡市(静岡県)
○「地域密着型広報活動の部」
JAあいち知多(愛知県)
○「ホームページの部」
JA仙台(宮城県)
(写真)奥野会長(左)から表彰を受けるJAあいち中央石川組合長

(関連記事)
広報大賞にJAあいち中央  広報活動優良JA (16.01.08)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る