Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

省力化・初期投資軽減へ JA全農長野 農機レンタル事業に着手2016年10月31日

一覧へ

 JA全農長野は11月1日から農業機会レンタル事業に取り組むことを公表した。本格的稼働は来年春ごろを予定している。

 JA全農長野が行うレンタル事業は、農機をJAへ貸し出し、JAが管内の担い手などの利用者にレンタルを行う"再レンタル方式"で行われる。省力化につながる野菜の収穫機などのレンタルや新規就農者向けに初期投資となるトラクターや草刈り機などを想定。5~6年の間での総投資額は約1億円を予想している。
 来年春には担い手に貸し出しができるよう、今年11月からJAとの事業構築や担い手、新規就農者などの要望、需要動向を踏まえたレンタル機の選定や取得を進める。
 長野県内の7つのJAでは、すでに独自での農業機械レンタルを行っているが、JA全農長野のレンタル事業も併用できる。
 利用者のレンタル申し込みの窓口はJA農業機械センター。レンタル日程を調整し、レンタル機を利用者宅まで搬入・搬出する。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る