左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ヘルメット着用を 農作業事故撲滅へ―JA長野県グループ2017年9月20日

一覧へ

 JA長野県グループは、トラクターなどの大型機械を使う農作業にヘルメットを着用するよう運動している。頭部を保護することで、大型農機の転倒による死亡事故を防ごうというもので、JAによる共同購入を呼びかけている。

農作業事故を防ぐためのヘルメット共同購入用のチラシ(JA長野県グループ) 農作業中の死亡事故は、全国で毎年350件前後発生している。各県とも農繁期には農作業安全運動月間等を設けて、事故撲滅を呼びかけているが、農業者の高齢化もあって、減少に結びついていないのが実情。長野県でも昨年18件の死亡事故があり、この10年で最多となっている。
 JA長野県営農センターの調べによると、そのほとんどが乗用トラクターからの転落、あるいは転倒による頭部損傷となっている。このため同県JAグループでは、水稲の農作業が始まる9月から、事故防止対策の一つとしてヘルメット着用の啓発運動を行なっている。
 なお、長野県とJA長野県営農センターなどでつくる長野県農作業安全推進会議は、9月を秋の農作業安全運動月間を設けて、農作業事故の撲滅呼びかけている。

(写真)ヘルメット着用を呼びかけるチラシ

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る