Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「農の生け花」世界へ フランス大使館で展示2017年10月27日

一覧へ

日本農業新聞・愛好者グループ

 日本農業新聞と、同紙連載中の「農の生け花」愛好者グループは11月9日、在日フランス大使館で「農の生け花」の展示・体験会を行う。日本の農産物が海外で注目されるなか、文化的な面から、日本の農の魅力を発信する。

 「農の生け花」は、横井友詩枝(1912~2004年)が始めた農家の生け花で、季節の農作物や野山の草花、農具や民具を使って生ける。全国の農家の女性の共感を得て、各地で発足した愛好会が、1989年から「全国のつどい」を3年ごとに開いている。
 フランス大使館での展示は、東京都の愛好会のメンバー20人が、自ら育てた農作物や脱穀に使う唐箕(とうみ)、米をはかる1斗桝(ます)などの農具や民具の持ち寄り、作品を披露する。併せて大使館職員を対象に体験会を行う。
 「農の生け花」グループが海外との交流を行うのは今回が初めてで、愛好会では、3年後の東京オリンピック・パラリンピックでも、世界から集まる選手や観客を「農の生け花」でもてなすことも考えている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る