Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

木徳神糧と業務提携契約を締結-JA全農2017年10月27日

一覧へ

 JA全農は10月27日、米の集荷・販売・加工事業で木徳神糧(株)と業務提携を行うことで合意したと発表した。

 JA全農は米穀事業について実需者への精米での直接販売を主体とした事業方式に転換することで、生産者手取りの確保と農業経営の安定を図る取り組みを進めることにしている。そのために実需者への安定した販路を構築している米卸業者をパートナー卸と位置づけ、資本・業務提携を進めていくことを掲げた。
 JA全農と木徳神糧は重要な取引関係にあったが、水田農業の持続的な発展と国産米の需要拡大を実現するためにお互いに協力することで合意、業務提携契約を締結することを決めた。
 今後、▽実需者への推進や精米販売での連携、▽実需者との特定契約や事前契約の拡大、▽実需者ニーズに応じたJA・生産者への作付け提案などを積極的に展開し、生産から販売までの一貫した取り組みを確立していく考えだ。また、双方の販売・加工・物流機能を活用した合理的な事業運営の仕組みを構築し、米生産基盤の健全な発展と競争力のある事業展開をめざすとしている。
 
【木徳神糧の概要】
・代表取締役社長:平山惇
・設立:1950年3月
・資本金:5億2950万円
・従業員数:361名(2016年12月31日現在)
・売上高:1027億9700万円(2016年12月期)
・米穀事業売上高:855億100万円(同)

(関連記事)
【米生産・流通最前線2017】木徳神糧(株) 三澤専務に聞く 29年産米の概算金と流通(17.09.22)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る