JAの活動 ニュース詳細

2017.12.08 
JA研究賞に太田原氏 「新 明日の農協-歴史と現場から」で一覧へ

 JA全中は平成29年度「JA研究賞」「JA研究表彰奨励助成対象研究」を決め、12月1日発表した。

太田原高昭氏「新 明日の農協-歴史と現場から」 JA研究賞は太田原高昭氏(故人)の『新 明日の農協―歴史と現場から』(農山漁村文化協会)が選ばれた。
 JA研究賞に5件、JA研究表彰奨励助成対象研究に10件(特別研究1件、一般研究9件)応募があった。審査の結果、JA研究賞には、今年8月に亡くなった北海道大学名誉教授の太田原高昭氏が選ばれた。JA研究奨励助成対象候補研究では特別研究は対象がなく、一般研究で、山内哲人(一社)長野県農協地域開発機構上席研究員の「地域農業シンクにおける専門農協の事業展開と存立構造に関する研究」など7件が選ばれた。

 

(関連記事)
弱者の党は無くならない(17.10.02)
農協運動の不連続な展開(16.12.19)
農業協同組合研究会 第12回研究大会(1) 合併は農協改革の手段 地域を支える組織へ(16.06.10)
"合併"のあり方討議 県1JA化の一方で連合も 農協研究会(16.05.31)
【インタビュー】くらしと営農を支えるJA共済事業めざし 市村幸太郎・JA共済連経営管理委員会会長(16.05.19)
【解説・提言】農協改革を新たな段階に 自主・自立の協同組合へ :改正農協法4月1日施行(16.04.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ