JAの活動 ニュース詳細

2019.01.31 
野菜が主役のカレーが特別賞受賞 JA東京むさし一覧へ

 JA東京むさし管内で採れた野菜をふんだんに使ったカレーが、カレー総合研究所主催の「カレー・オブ・ザ・イヤー2019」で特別賞を受賞した。

JA東京むさし本店・指導経済課の奥山昌徳主任と吉野さん。 「野菜を主役にしたカレー」は、三鷹・小平・国分寺・小金井・武蔵野市で採れた安全で安心な野菜を使ったレトルトカレーで、これまでに約9200食も売り上げた。
 そのプライベートブランド商品が、昨年1年間にカレー界で最も功績があった商品やメーカーを表彰する「カレー・オブ・ザ・イヤー2019」の特別賞(カレー大學健闘)部門を受賞した。JA商品の受賞は初となる。
 一昨年の10月、具材を変更し全面改良したこのカレー。ジャガイモ、タマネギ、ニンジンといった定番具材に加え、ナス、トマト、ホウレンソウも入り、野菜の甘みが感じられると女性や子どもにも好評だ。1パック540円(税込)で、210gとボリュームもある。
 同JA管内の三鷹緑化センター、武蔵野新鮮館、ファーマーズ・マーケット(小平、国分寺、小金井)各店で購入できるが、今後は地元のスーパーなどでも取り扱う方向で検討している。
 JA東京むさし本店・指導経済課の吉野陽香さんは「来年はご当地カレー部門で受賞したいので、売り上げ・知名度を上げ、多くの人に愛してもらえる商品として頑張って販売したい」と意気込みを語った。

(写真)JA東京むさし本店・指導経済課の奥山昌徳主任と吉野さん。来年も笑顔で報告してほしいものだ

 

(関連記事)
小中学校27校で「小平冬野菜煮だんごの日」 JA東京むさし(18.11.29)
【須藤 正敏・JA東京中央会会長に聞く】新たな都市農業をめざして(18.06.11)
都市農業の魅力を伝える JA東京むさし青壮年部フェスタ開催(18.05.23)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ