JAの活動 ニュース詳細

2018.11.29 
小中学校27校で「小平冬野菜煮だんごの日」 JA東京むさし一覧へ

 JA東京むさしは12月5日と6日に、小平市でとれた野菜と小麦粉を使用したイベント給食「小平冬野菜煮だんごの日」を小平市内の全公立小中学校27校で実施する。

 「小平冬野菜煮だんご(すいとん)」には小平市で採れたニンジンやハクサイ、ダイコンなどの野菜と、同市で採れた小麦の地粉(小麦粉)が使用されている。給食を食べながら、若手農業者団体「小平地区青壮年部」の部員による食育の話がある。地場産農産物の導入率は年々増えており、小学校・中学校ともに、3割(2017年)が地場産農産物となっている。
 また6日には、市役所6階の食堂「まっしぐら食堂」で、地元産野菜をふんだんに使った「冬野菜煮だんご」と、小平地区青壮年部が考案した「サトイモコロッケ」を提供する。

 

(関連記事)
【須藤 正敏・JA東京中央会会長に聞く】新たな都市農業をめざして(18.06.11)
都市農業の魅力を伝える JA東京むさし青壮年部フェスタ開催(18.05.23)
米紛の魅力を児童に 超人シェフのスーパー給食(18.02.16)
〔190〕野菜を主役にしたカレー 【JA東京むさし(東京都)】(17.12.07)
【現地ルポ】三鷹市(東京都) 21世紀型都市農業を拓く JA青壮年部が先駆者(16.10.13)
地元の小麦粉で 地産学ぶ「すいとんの日」 JA東京むさし(15.12.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ