Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:アクサーFL
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

卓球のワールドカップ東京大会に特別協賛 JA全農2019年7月3日

一覧へ

 JA全農は、11月6日(水)から10日(日)に東京体育館で開催される「JA全農2019ITTFチームワールドカップ東京大会」に特別協賛する。
 同大会は世界選手権と並ぶ、「世界三大タイトル」の1つで、各国のトップクラスの卓球選手が出場する。

 JA全農は、同大会の会場周辺にニッポンの食の代名詞であるお米の魅力を発信する特設ブースを構え、「どどーん!とどんぶりで応援」をコンセプトに、日本全国の「どんぶり」が食べられる企画を展開する。また、特設ブースでは、全農および全農グループ会社の国産農畜産物を使った新商品や全国各地の特産品、旬の食材を販売し「ニッポンの食」の魅力を世界にPRする。
 JA全農は、毎年1月に開催されている全日本選手権をはじめ、チームワールドカップ、ワールドツアーなど、海外の国際大会にも協賛している。14年には三大タイトルの1つ世界選手権東京大意会にも特別協賛した。
 JA全農は今後ともJA全農グループは一丸となって、卓球日本代表選手を「日本の食」で応援するという。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る