JAの活動 ニュース詳細

2019.07.03 
「田んぼの生きもの調査」を小学生とともに実施~生物多様性に配慮した米作り~一覧へ

 三井化学アグロは6月11日と20日の両日、宮城県内で、小学生とともに「田んぼの生きもの調査」を開催。子供たちが、田んぼで多様な生きものと共存しながら米作りが行なわれていることを学ぶ機会となった。

20190703 田んぼの生きもの調査に参加した鶴巣小学校の3年生田んぼの生きもの調査に参加した鶴巣小学校の3年生

 

 JAあさひな(宮城県黒川郡大和町)の主催で6月11日に行われた田んぼの生きもの調査には、同町立鶴巣小学校の3年生35人が参加した。地域コーディネーターや教職員、JA全農、三井化学アグロ仙台支店などが協力し、文部科学省が推進する地域学校協働活動の一環として2015年から毎年実施している。
 一方、6月20日に仙台市内で行われた田んぼの生きもの調査は、仙台市立上愛子小学校、作並小学校、大倉小学校の3、4年生、計22人が参加。元東北大学サイエンスコーディネーターの石垣富一郎氏の呼びかけに応じ、三井化学アグロの仙台支店等が協力して初の開催となった。
 参加した子供たちは「田んぼの周りには、いろいろな生きものがいました」、「家のうらの田んぼでも、いろいろな生きものを調べたり採ったりしたい」と感想を述べ、教職員からは「こんなにたくさんの種類の生きものがいる事に驚いている」との声が聞かれた。
 三井化学アグロは、農薬の販売とともに、農業生産者、消費者とともに、田んぼの生きもの調査を体験しながら、食や生物多様性について考える機会を提供する活動を2012年から実施。田んぼの生きもの調査の結果をまとめた「鑑定書」を発行し、多様な生きものと共存しながら作られた米であることを証明するなど、地域の米の付加価値向上も支援している。

 

20190703 仙台市内で行われた調査に参加した上愛子小学校、作並小学校、大倉小学校の3、4年生仙台市内で行われた調査に参加した上愛子小学校、作並小学校、大倉小学校の3、4年生

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ