Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

第1回お米産業展 全農グループが共同出展2019年7月4日

一覧へ

 JA全農は、7月3日から5日、パシフィコ横浜(横浜市西区)の展示ホールで開催される「第1回お米産業展」に出展した。

20190704 第1回お米産業展 テープカットテープカットは、JA全農の高尾雅之常務理事(写真前列右端)も出席。

 

 「お米産業展」は、お米産業展実行委員会(ホームページ:お米の魅力を伝えお米の未来を担う専門展 第1回 お米産業展)が主催し、お米の魅力発信、消費拡大のための専門産業展として、今回初めて開催された。
 初日の7月3日に行われたオープニングセレモニーでは、農林水産省の天羽隆政策統括官と消費者庁食品表示企画課の赤崎暢彦課長が来賓祝辞を述べた。
 天羽政策統括官は、「お米はなくてはならないものだが、主食用としては毎年10万tも消費が減少している。家族の食事の取り方も変わっている。どうにかしていかなければならない。ごはん、お米加工品に限らず、お米産業という視点から発信し、お米産業をアピールしてくことが大切だ」などと同展への期待を述べ祝辞とした。
 その後、イタリア・ケニア・スリランカ・チュニジア・ブラジルの大使館職員、業界団体代表やJA全農高尾雅之常務理事らとともに20人がテープカットを行った。
 JA全農は、グループ会社や業務提携会社の全農パールライス(株)、全国農協食品(株)、木徳神糧(株)、(株)サタケ、MEAL WORKSと共同出展し、お米の食べ方提案や米加工商品の紹介を行っている。

 

20190704 第1回お米産業展 JA全農の出展ブースJA全農の出展ブース

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る