JAの活動 ニュース詳細

2019.07.04 
第1回お米産業展 全農グループが共同出展一覧へ

 JA全農は、7月3日から5日、パシフィコ横浜(横浜市西区)の展示ホールで開催される「第1回お米産業展」に出展した。

20190704 第1回お米産業展 テープカットテープカットは、JA全農の高尾雅之常務理事(写真前列右端)も出席。

 

 「お米産業展」は、お米産業展実行委員会(ホームページ:お米の魅力を伝えお米の未来を担う専門展 第1回 お米産業展)が主催し、お米の魅力発信、消費拡大のための専門産業展として、今回初めて開催された。
 初日の7月3日に行われたオープニングセレモニーでは、農林水産省の天羽隆政策統括官と消費者庁食品表示企画課の赤崎暢彦課長が来賓祝辞を述べた。
 天羽政策統括官は、「お米はなくてはならないものだが、主食用としては毎年10万tも消費が減少している。家族の食事の取り方も変わっている。どうにかしていかなければならない。ごはん、お米加工品に限らず、お米産業という視点から発信し、お米産業をアピールしてくことが大切だ」などと同展への期待を述べ祝辞とした。
 その後、イタリア・ケニア・スリランカ・チュニジア・ブラジルの大使館職員、業界団体代表やJA全農高尾雅之常務理事らとともに20人がテープカットを行った。
 JA全農は、グループ会社や業務提携会社の全農パールライス(株)、全国農協食品(株)、木徳神糧(株)、(株)サタケ、MEAL WORKSと共同出展し、お米の食べ方提案や米加工商品の紹介を行っている。

 

20190704 第1回お米産業展 JA全農の出展ブースJA全農の出展ブース

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ